東京-名古屋を夜行バスで移動してみた!ジャムジャムライナー(JAMJAM)3列はおすすめ!

tokyo-nagoya-jamjamliner

安さが魅力の高速バスですが、一方で「長い」「疲れる」「狭い」など、マイナスのイメージを持つ人も多いでしょう。

高速バスよりも安く飛行機に乗れてしまう今日、LCC(=格安航空会社)の需要が増え、「安い」だけでは、勝ち残れません

 

しかし、バス会社も各社、販売形態を工夫したり、車内設備を改善したりと、安さだけでなく、利便性快適性にも力を入れてきています。

 

そこで今回は、これまで持たれていたマイナスのイメージは、覆せないのか!?

実際に乗車して、どう感じたか、また夜行バス選びのポイントも、お伝えしたいと思います。

※注意:2020年3月現在の情報です。

 

スポンサーリンク

東京ー名古屋を走る夜行バスは?

夜行バスなので、快適に寝れるかどうかが重要ですよね。

私が、これだけは譲れない!という条件は、『4列シートでは無い』という事です。

 

最近は、当たり前のように「女性の隣席は必ず女性」になるよう、配慮されていて安心です。ですが、一晩過ごすとなると、シートが広く、リラックスできる、1人席に越したことはありません!

ポイント 夜行バスの選び方【独立シートのバスにする!】でもあります。

なので今回は、4列シートは除外してご紹介します。

 

東京ー名古屋を運行する夜行バス、代表的なものが…

独立シートあり
  • ドリーム名古屋号
  • JAM JAMライナー
  • WILLER EXPRESS
  • VIPライナー
  • あおぞらライナー
  • ミルキーウェイ
  • さくら高速バス
  • ブルーライナー

これだけ便があると、どのバスにしたらいいのか…分からなくなってきますよね。

 

安さで選んでしまいがちですが、車内装備やアメニティもよく確認しましょう。

4列シートの車両でも、「横2席分を一人で使える」ダブルシート販売(独立シートと同じ感覚になる)をしているバス会社もあるので、販売形態にも着目するといいですね。

 

スポンサーリンク

夜行バスの乗り心地は?【乗車レポ】

tokyo-nagoya-jamjamliner

私が、今回ご紹介するのは、株式会社ジャムジャムエクスプレスが運行する

JAM JAM LINER(ジャムジャムライナー)』の【プレミアム】と呼ばれる車両です。

 

座席と座席の間に通路があり、全ての席が一人掛けになっている「3列独立シート」で、ゆったりとしています。

また、万が一の時にも安心なトイレ付です。

【停留所】

東京テレポート駅前 → 東京駅 鍛冶橋駐車場 → 名古屋南ささしまライブ

 

予約と購入金額

モミゾー
モミゾー

今回、私が乗車したバスは…

 

♦JAM JAM LINER(JX41便)

 

♦東京駅 鍛冶橋駐車場 23:40発 → 名古屋南ささしまライブ 翌5:30頃着

 

♦2020年2月19日(水)乗車

 

料金は、閉散期・繁忙期、週末や連休で変動しますが、通常料金は【3,000円~】と、3列独立シートとしては、お手頃な料金設定です!

 

今回は、貯まっていたポイントを利用したかったので、『楽天トラベル』から予約。

販売額は4,000円でしたが、4,000円-楽天ポイント1415=2,585円 で購入できました!

さらに「楽天スーパーポイント」が、40ポイント(=40円分)付与されました。

 

楽天トラベルを利用すると、このように次回利用できるポイントが貯まります。それだけでなく、割引クーポンや、ポイント〇倍!なんてサービスもあるので、要チェックです!

 

乗車場所

東京駅八重洲南口を出て、右手に直進すると、鍛冶橋駐車場入り口があります。

東京駅からは、徒歩7分くらいです。

※東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」1番出口からは徒歩2分で、迷わず簡単に行けます。

※JR利用の場合は、東京駅ではなく「有楽町駅」で下車し、京橋口から向かうと徒歩4分と、東京駅から行くより近いですよ!

 

東京駅は広すぎて、駅構内ですら迷ってしまいます。出発まで時間を潰すにも、どの店も混雑…。

でも、他の駅からだと構内も分かりやすく、周りの飲食店も比較的すいているのでオススメです!

 

ちなみに鍛冶橋駐車場には、待合室もトイレ(4つ)もあります。

…ですが!混み合っているので、トイレは事前に別の場所で、行っておいた方がいいと思います。

 

降車場所

名古屋駅から徒歩15分~20分と、少し離れた場所にあります。

降車後は、バスと同じ進行方向に真っ直ぐ歩いて行けば、名古屋駅です。

目の前に「JRセントラルタワーズ」が見えているので、迷うことはまずありません!

 

 

車内・座席

(下の写真)左の席からABCとすると…

A席とB席の間の通路は若干狭く休憩・トイレの際は出づらいので、C席がオススメです。

tokyo-nagoya-jamjamliner

私もA席だったので、「どうしよう…」と考えていたら、いつの間にか寝てしまい…

車内の電気が付いたので「あ…トイレ休憩!」と目覚めたら、

・・・到着地の名古屋でした(笑)

それくらい独立シートだとよく眠れるので、席は参考までに。

 

 

標準的な「4列シート」と比べて、2列少ない縦10列の配置は、足元は広々としていて、前の人がシートを倒しても、前後の間隔に余裕があります

tokyo-nagoya-jamjamliner

おかげで、私も気兼ねなく、シートを倒すことができました!

シートがどれだけ倒せるかは、リラックスして眠りやすい体勢をとるために、とても大切です。

ポイント 夜行バスの選び方【列数が少ないバスにする!

 

また、レッグレストフットレストのダブル装備なので、足の疲れを軽減できます。

ポイント 夜行バスの選び方【レッグレスト・フットレスト付のバスにする!

 

tokyo-nagoya-jamjamliner

コンセントは、ひじ掛けの下に設置されています。

夜行バスでは、明るさが迷惑になるので、消灯後スマホを使用することはありませんが、バッテリーの残量が少ない時など、やはり充電ができる環境は重要ですよね。

 

座席の間は、ロールスクリーンで仕切れます。半個室状態になってプライベート感が増すので、快適に眠ることができます!

ポイント 夜行バスの選び方【仕切りカーテンのあるバスにする!

tokyo-nagoya-jamjamliner

その他に、ブランケットの貸出、使い捨てスリッパアイマスクと、アメニティも充実しています。

また「車線逸脱、ふらつき防止警報装置」付で、安全対策もきちんとされているので、安心です。

※ 車両によって、シート・設備は異なる場合があります。

 

運行の流れ
  • 乗車
    鍛冶橋駐車場を出発(23:45)

    出発10分前から乗り場の案内アナウンス&電光掲示板あり

    乗車受付は、乗務員に名前を伝えるのみでOK

    0:05 消灯

  • 休憩
    足柄SA(1:10頃)浜松SA(3:30頃)20分前後の休憩

    車内アナウンスは無く、前のカーテンが開いたら休憩の合図

  • 降車
    名古屋南ささしまライブに到着(5:20)

    ほぼ定刻通り、所要時間は約5時間半

 

感想

JAMJAMライナー【プレミアム】3列独立シートは、名古屋に到着するまで、トイレ休憩にも気づかず熟睡していたほど、広々としていて快適でした。

 

長い」「疲れる」「狭い」など全く感じることなく、「長い」においては、むしろ短い!と思うほど、もう少し寝たかったくらいです…笑

私の中では、そういったマイナスのイメージは、見事に覆されました!

 

夜行バスで移動することで、宿泊費がかからず、交通費も抑えられ、朝着なので時間を有効に使うことができます!(=夜行バスのメリット

ですが、バス選びを間違えれば、きっとマイナスのイメージ通りです。

よく眠れず、疲れてしまい…目的地に着いても、何もやる気が起きない。…なんてことにも、なり兼ねません!

 

そうならない為にも、【夜行バス選びのポイント】は抑えておくべきだと、強く思いました!

 

スポンサーリンク

安眠のための必須アイテム

あるか無いかで、快適な睡眠に大きく影響してくるので、準備しておきましょう!

◎アイマスク

やはり光は遮断した方が、熟睡できます!

休憩時に、車内を明るくするバスもあるので、アイマスクが無いと、その度に目が覚めてしまいます…。

◎耳栓

完全に防音できるわけではありませんが、音の響きが和らぎ、あると無いとでは、防音効果は全く違います!

◎マスク

乾燥防止、臭い防止になります。個人的には、マスクで顔を覆うと無防備でなくなり安心します。

◎エアーまくら(腰用)

完璧に横になれるわけではないので、重心がかたより腰に負担がかかります。腰の痛みが軽減されるだけでなく、腰の位置が安定すると眠りやすくなります。

 

まとめ

安さ」が魅力の高速バスは、安さだけで選んでしまいがちです。

そうして「長い」「疲れる」「狭い」といった、マイナスのイメージを持ってしまいます。

 

しかし、そう感じるか否かは、バスの選び方次第です!

特に夜行バスは、快適に寝れるかどうかが重要なので、しっかりポイントを抑えて選ぶ必要があります!

夜行バス選びのポイント
  • 独立シートのバスにする!
  • 列数が少ないバスにする!
  • レッグレスト・フットレスト付のバスにする!
  • 仕切りカーテンのあるバスにする!

 

安眠のためのアイテム準備や、座席指定にも注意するといいと思います。

(例:[タイヤ上の席]振動が激しい、[最後部の席]エンジン音がするなど…)

 

今回乗車した『JAM JAM LINER(ジャムジャムライナー)』の【プレミアム「3列独立シート・トイレ付」は、料金・車内設備、どちらの面でも満足度が高く、ぜひお勧めしたい!と思えるバスでした。

 

上記サイトからの申込であれば、座席の希望を受け付けてもらえます!

※希望の場合はコールセンター(050-3802-1544)に連絡要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました