女性の幸せは「結婚」や「出産」なのか?

Woman's Happiness生き方・思考

ひと昔前までは、「結婚は女の幸せ」「出産を経験してこそ一人前」、そう言われるのが普通の時代で、結婚や出産は【するべき】と考えられていました。

しかし、多種多様な生き方が尊重される今、結婚や出産はそれぞれが【選択する】時代です。

 

とは言っても、まだまだ30歳を過ぎて独身だと「結婚はまだ?」「早くいい報告待ってるね」と、周囲から二言目には言われてしまうのが現状です。

結婚をすれば「子供は?」と…、一人出産すれば「二人目は?」と…。

この結婚や出産へのプレッシャーは、地方や田舎ほど強いように思えます。

 

周りに既婚者が増え、人生これでいいのだろうかと、不安や焦りを感じていませんか?

周りに子持ちが増え、自分がおいていかれるような寂しさを抱えていませんか?

 

スポンサーリンク

地方に残る既成概念

Marriage-Birth-Myhome

結婚や出産は【するべき】もので、それこそ「女の幸せ」であり「親孝行」だという古い既成概念は、今の時代もまだまだ残っています。

 

一部の地域だけかもしれないし、地方に限った話ではないのかもしれませんが・・

実際、私の住む地方の小さな田舎町では、当然のごとく【結婚+子供+マイホーム】の3点セットを手にした女性こそ、安定を手にした『勝ち組』と言われます。

30歳を過ぎた独身者は、『負け組』どころか「どこか変わってる人」、というレッテルまで貼られてしまいます。

 

子供がいない夫婦に対しては、「何か問題があるんじゃないか」という勝手な憶測と噂が広がり、しまいには「可哀そう」という目で見られてしまいます。

 

そもそも『勝ち組』とか『負け組』とか、何を基準に分けられるのでしょうか?

スポンサーリンク

勝ち組・負け組って?

WIN-LOSE

例えば、

◆医師と結婚して、立派な一軒家に住み、家政婦までいる人

◆売れない芸人と結婚して、ワンルームの賃貸アパートに住み、パートを掛け持ちしている人

この2人だったら、おそらく「医師と結婚した人」が勝ち組に見えますよね?

 

それでは次は、

◆医師と結婚して、立派な一軒家に住み、家政婦までいる・・だけど、夫は子供に厳しく、笑いの一切ない家庭で、ため息ばかりの毎日を送っている人

◆売れない芸人と結婚して、ワンルームの賃貸アパートに住み、パートを掛け持ちしている・・だけど、夫は子煩悩で優しく、笑いの絶えない家庭で、楽しい毎日を送っている人

これだったら、どちらが『勝ち組』に見えますか?

「売れない芸人と結婚した人」が勝ち組に見えてきたんじゃないですか?

 

でも、当の本人からしたら・・

◆「笑いのない家庭で、ため息も出るけど・・自由に使えるお金があって、家事もしなくていいし最高」「お金もあって、家政婦もいて楽だけど・・家にいるのが苦しい

◆「笑いの絶えない家庭で、楽しいけど・・お金に余裕はないし、将来が不安」「生活はギリギリだし、パートの掛け持ちで体もキツイけど・・家族仲良く楽しく過ごせて幸せ

 

という風に、どちらも「勝ち」にも「負け」にも転びそうな思いを、抱いているかもしれません。

 

結局のところ、『勝ち組』『負け組』なんて、社会的ステータスイメージで勝手に判断しているだけであって、

状況状態には勝ちも負けもなく切なのは自分の気持ちがどうなのかってことです!

 

スポンサーリンク

【ある】ものに目を向ける

隣の芝生は青い

他人のものは何でもよく見える”という意味をもつ、『隣の芝生は青い』という言葉があるように、

誰もが一度や二度は『いいな~あの人は〇〇で…』という風に思ったこと、あるのではないでしょうか?

 

「結婚」に関しても、隣の芝生は青く見えるもので・・

独身者が既婚者に対して「週末は家族でお出かけなんて…幸せそう」「支えてくれる人がいるって…羨ましい」等々思うように、

既婚者も独身者に対して「飲みに行ったり、旅行だったり…楽しそう」「自由にお金が使えるなんて…羨ましい」等々、思ってしまうものです。

 

既婚者同士であっても、先ほどの例えで言えば・・

医師と結婚した人は「笑いの絶えない家庭っていいな…」、芸人と結婚した人は「お金の心配が要らないっていいな…」と、羨んでしまうものです。

 

しかし、他人や世間と比べて、自分に【ない】ものばかりに目を向けていたら、虚しくなるだけです!

「独身で寂しいけど‥自由がある!自分に使えるお金がある!

「既婚で自由はないけど‥安心がある!マイホームがある!

といった様に、ある】ものに目を向ける癖をつけましょう!

 

そうすれば、自分は「今でも十分幸せだ」と、気づけるようになります!

  

自分を軸に生きる

HAPPY-LIFE

人それぞれ価値観が違えば、幸せの形も違います。

Aさんにとっては当たり前のことでも、Bさんにとっては違うかもしれません。

Aさんにとっては幸せなことでも、Bさんにとっては違うかもしれません。

 

結婚や出産も同じです。

世間にとっては「結婚」が勝ち組だとしても、あなたが「独身こそ勝ち組だ!」と思うのなら、誰が何と言おうとあなたは勝ち組です!

誰かにとっては「子供を授かる」ことが幸せなことでも、あなたが「夫婦2人だけが幸せ!」と思うのなら、誰が何と言おうとあなたはそれでいいのです!

 

それでも、結婚して出産して家庭を持つ・・・世間一般的に言われる【普通の人生を歩まない!道を選択した人には、まだまだ生きづらい世の中なのかもしれません

ただ、忘れてはいけないのは、海外では「事実婚」を選択するカップルが多いように「あえて結婚しない人」がいる一方で、日本では「同性婚」のように「結婚できない人」もいます。

同様に「あえて子供を持たない人」もいれば、「子供を持てない人」もいるのです。

 

世間一般的に言われる【普通の人生】を歩む道を選択できない人にも、まだまだ生きづらい世の中でもあるのです。

 

まとめ

「〇〇だったら幸せ」という‟幸せの条件”みたいなものに縛られず、今【ある】ものに目を向け、【今ある幸せ】に気づきましょう。

 

人生に勝ち負けがあるとすれば、社会的ステータスやイメージなど、他人が決めた基準で判断する必要はありません

強いて言えば、人生を楽しんでいる人幸せを感じている人心が満たされている人勝ち

結婚してるしてない・子供がいるいないではなく、大切なのはあなたの気持ちです!

 

「結婚してもしなくても幸せ!」「子供がいてもいなくても幸せ!」

そう思える自分でいることが重要です!!

そして、そんなあなたが選んだ道ならば、誰が何と言おうと、その道は正解です!

 

周りに流されず、自分の【選択】に自信を持って、自分が納得できる【人生】を歩んでください!

 

★自分磨きで自信をつけよう!★

\ 安くて便利!かなりオススメ!/
 いつでも自宅でできる! 

 

 

★とにかく行動してみよう!★

\信頼できるゼクシィだから安心!/
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました