【旅行の持ち物】邪魔になる傘は不要!24時間70円で傘が借りられる『アイカサ』が便利でおすすめ!

アイカサ-雨の日の旅行【持ち物】

旅行に行く時は、なるべく荷物は少なく軽くしたい!と、思うものの・・・

もしかしたら雨が降るかもしれないし…、念の為にも持って行こうかしら?

…と持参して結局!雨は降らず… ”使わなかった なんて経験、ありませんか?

 

反対に、荷物を最小限にしたいと思うばかりに・・・

降水確率40%だし…、を持ってくまでもないかな?

…と持参せず結局!雨が降って… ”ビニール傘を買った なんて経験、ありませんか?

 

突然の雨で「濡れたくはない」、でも「無駄に傘を買いたくもない」。

‥かと言って、傘を持って出かければ「荷物になる」し、雨が止んだ時には邪魔になる」。

濡れた傘は閉じて持ち運ぶにも、屋内や電車内では周囲に当たらないように…濡れないように…と、気は遣うし‥片手はふさがるし、結構ストレス

旅行に限らず出張先出かけ先で、同じような経験をした方や、同じような思いを抱いたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、上記のような傘問題を見事に解決してくれる、『アイカサという”傘のシェアリングサービス”をご紹介したいと思います!

ビニール傘を買うより安いのにとても便利で、環境に優しいサービスなので、今後もっと多くの方に利用していただけるようになると嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

アイカサとは?

アイカサ』とは、傘が簡単安く借りられる、日本初の傘のシェアリングサービスです。

傘

専用のアプリQRコードを読み取り、駅などに設置してある傘立てスタンド(=スポット)から傘を借り、使わなくなったら最寄りの好きなスポットに返却できるシステム。

24時間以内であれば同料金で何度でも【借りる⇔返す】を繰り返せるので、雨が一瞬止んだ時や買い物時など…一度返却して”手ぶら”で行動することができます!

また、後ほど詳しく説明しますが…ビニール傘を買うより安い料金で借りられるので、突然の雨で無駄に傘を買う必要がなくなります!

アイカサ利用(例)
アイカサ使い方(例)

 

2018年12月に開始されたこのサービスは、

check 累計会員登録者数:20万人以上

check 設置スポット数:800箇所以上
 (東京、神奈川、埼玉、茨城、愛知、岐阜、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、佐賀)

※2021年10月時点

と、首都圏を中心に今なお全国各地に広がり続けています。

 

ここ最近”自転車のシェアリングサービス”は、よく街中で見かけるようになりましたよね。

それと比べると”のシェアリング”は、まだまだ身近なサービスとして定着していないのかもしれません。

…ですが、ただ便利・・・・というだけでなく‥『アイカサ』を活用することは環境のためにもなるんです!

軽量で頑丈な”折り畳み傘” オススメ

SDGsへの取り組み

スーパーのレジ袋が有料になったり、コーヒーチェーンのストローが紙製になったり、【SDGs】へ取り組みが加速する今、注目して欲しいのが『アイカサ』です。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?

Sustainable Development Goals(=意味:持続可能な開発目標)」の略で、簡単に言うと…

地球上の誰もが安心して、未来もずっとこの地球で暮らし続けられるように、2030年までに世界のみんなで解決したい17個の共通目標のこと。 

 

傘

日本で年間消費される傘は、推計で約1億2000万本と非常に多く…”世界一”だと言われています。

そのうち約8000万本がビニール傘で…その半数以上は”使い捨て”として消費されているのだとか…。

コンビニなどで安く簡単に手に入る反面、紛失しても壊れても「また買えばいい」という思いも芽生え安いのでしょう。実際に、街中では捨てられたビニール傘をよく目にしますし、傘の落とし物はなんと約1割しか持ち主の元に戻っていません。

また、ビニール傘は壊れやすいうえに、異なる素材が使用されているためリサイクルが難しいという問題もあります。

 

私達は、ビニール傘が欲しいのではなく…ただ【濡れたくない】だけ

環境のためにも‥無駄に傘を買って使い捨てるのではなく、【傘を借りる】という選択をしませんか?

アイカサの貸し出す傘は…

check 暴風にも耐えられる(傘骨にグラスファイバーを使用)
 ⇒ 簡単に壊れない!

check 骨組み1本から交換できるリペアブルな構造)
 ⇒ 傘骨1本折れただけでは廃棄されない!

check 簡単に分解できる部品全てがプラスチック
 ⇒ リサイクルできる!錆びない!

※地球にやさしい傘専門店「株式会社サエラ」と協業開発

 

▼地球にやさしい「サエラの傘」が買える♪ 要チェック

アイカサの傘デザイン

基本となるオリジナル傘は、誰でも利用しやすい黒傘に一面だけ「iKASA」のロゴが入ったシンプルなもの。

傘をさす本人にしか見えない、内側のアイカサの傘マークと「NO RAiN NO RAiNBOW」のフレーズ(意味:雨が降らなければ、虹は出ない)・・小さな工夫ですが、コレがけっこう気分を明るくしてくれます♪

アイカサ-傘デザイン
オリジナルデザイン

▼オリジナル傘と同じ黒傘をベースに、「のライン」と「MEITETSU × アイカサ」のロゴが入ったデザインは、その文字通り‥東海エリア初の名古屋鉄道とコラボした名鉄傘

モミゾー
モミゾー

一面だけでなく四面に…しかも、若干大きめのロゴが入ったこのデザイン…。

正直、初めは「ちょっと恥ずかしい」って思ってたんですけど‥途中で気づきました。他人の傘なんて、誰も見てません!笑 堂々と利用しましょう!!笑

アイカサ-傘デザイン(名鉄)
名鉄デザイン(愛知)

▼(左)BEAMSがデザインし、Ziplocを再利用して作られたZiploc傘。(右)路線図を星座に見立てたデザインで、小田急電鉄とコラボした小田急傘

アイカサ-傘デザイン(Ziploc&小田急)
出典:アイカサ公式note

このようにアイカサは各地域や企業とコラボして、様々なデザインの傘を展開しています。「天気の子」「えんとつ町のプペル」など、作品とのコラボ傘なんかもあるので楽しいですよね。

アイカサは使わなくなったら最寄りの好きなスポットに返却できるので、 例えば【東京駅で借りて→名古屋駅で返却!】ってこともできちゃうわけで・・・

つまり!借りる際に、他の地域の傘があったらラッキー♪ってこと。珍しい傘を探す…そんな楽しみ方もできますね♪

 

スポンサーリンク

アイカサの利用料金

アイカサ-ikasa

アイカサには2種類の利用プランがあって、プランごとに利用料金が異なります。後から変更することもできるので、ご自身の月の利用頻度によって使い分けるといいかもしれません。

※16~22歳の方には、無料プランがあります!

 使った分だけ
プラン
使い放題
プラン
レンタル期間24時間ひと月
料金(税込)70円(1本あたり)
同月内:最大420円
280円(2本まで)
レンタル本数2本まで

 

それぞれのプランをもう少し細かく説明すると・・・

使った分だけプラン

check 1本あたり24時間/70円で利用でき、2本までレンタル可。
24時間以内は、何度でも借りる⇔返す繰り返してOK!

check 同月内であれば、どれだけ利用しても最大420円(=6日分の料金)。
上限420円(同月内)で課金がストップするので、万が一返し忘れても安心!

使い放題プラン

check ひと月/280円で、2本まで使い放題。
梅雨時期など‥4日以上(同月内)利用する場合はかなりお得!!
(※翌月から「使った分だけプラン」へ変更可)

注意注意注意 一度も利用しなくても‥月額280円が発生する定額制

 

U22応援プラン(16~22歳)

ただでさえ安いアイカサの利用料金ですが…学生・社会人問わず16~22歳の方であれば、なんと!利用料金は0円です!(※利用条件有り)

対象年齢16~17歳18~22歳
全員全員エポスカード登録者
期間18歳の誕生日月末まで
(返却期限:なし
1年間
(返却期限:3日間
23歳の誕生日月末まで
(返却期限:3日間
料金(税込) 0円  0円 
4日目から24時間/70円
最大210円(同月内)
レンタル本数2本まで

18歳~22歳の方は、下記2点に注意注意注意

check 3日間の返却期限あり(4日目から料金発生
1回の利用が3日以内であれば、何度借りても利用料金は0円です。

check 無料期間であっても、支払い方法の登録は必須。

 

\ 入会金・年会費永年無料で、ポイントも貯まる! /
 
アイカサ利用が”23歳の誕生日月末まで”無料になる
エポスカード」って‥??

 

アイカサの支払い方法

アイカサの支払方法は、3つあります。

  • クレジットカード
    (Visa/Master/JCB/AMEX/Diners)
  • スマホ決済
    (d払い/auかんたん決済/Softbankまとめて支払い)
  • LINE Pay

(2022年2月時点)

スポンサーリンク

アイカサ(アプリ)の使い方

アイカサは専用のアプリをダウンロードして会員登録を済ませれば、借用返却ともに傘立て(=スポット)のQRコードを読み取るだけなので、とても簡単に利用できます!

※水戸・福岡・佐賀エリアでは、利用方法が異なります。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

利用の流れ
  • Step.1
    アプリをダウンロード

    1.ログイン方法選択
    2.プラン選択
    3.支払い方法登録(18歳以上)

  • Step.2
    借りる

    1.「借りる」をタップ
    2.QRコードを読み取る

  • Step.3
    返す

    1.「返す」をタップ
    2.QRコードを読み取る

アイカサの借り方

no.1 傘を借りたい「傘スポット」へ行き、アプリをひらいて借りる】をタップ

⇒ 利用地域を問われるので【首都圏、関西、名古屋、岡山】か【九州、水戸】のどちらかを選択します。

アイカサ-使い方

※アプリの地図上で周辺にある「傘スポット」が確認できます。

傘スポットまで行って「借りられない…」なんて事にならないように、利用可能時間傘の残り本数をチェックしてから向かいましょう!

アイカサ-スポット

▲傘スポットには、写真のような傘立てボックスが設置されています。

アイカサ-スポット(QRコード)

no.2 アプリで傘立てボックスの【QRコード】を読み取る

アイカサ-使い方

▼QRコードを読み取ると…処理が始まり、ロックが解除されます。

アイカサ-使い方

▼ロックが解除されると…傘が1本取り出せるようになります。⇒レンタル開始!

アイカサ-使い方

アイカサの返し方

借りる時と同じ流れで・・・

no.1 傘を返したい「傘スポット」へ行き、アプリをひらいて返す】をタップ

⇒ 利用地域を問われるので【首都圏、関西、名古屋、岡山】か【九州、水戸】のどちらかを選択します。

アイカサ-返し方

傘を借りている間は、アプリ上に何本傘を借りているのか表示されています。返し忘れがないよう確認するようにしましょう!

 

no.2 アプリで傘立てボックスの【QRコード】を読み取る

アイカサ-使い方

QRコードを読み取ると…ロックが解除され、 傘が1本戻せるようになります。⇒返却完了!!

 

アイカサのQ&A

アイカサの設置場所は?

アイカサ-設置場所

駅、商業施設、大学など様々な場所に設置されています。

都道府県としては…東京、神奈川、埼玉、茨城、愛知、岐阜、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、佐賀(2022年2月時点)

設置場所は公式ホームページで確認できますが、より詳しい情報は公式アプリまたは『goo地図』での検索がオススメです。

傘を紛失したら…どうなる?

紛失した場合は、紛失手数料として1本あたり864円(税込)が発生します。公式アプリのマイページから「紛失申請」手続きが必要です。

ただし盗難被害の場合は、アイカサお問い合わせ窓口に連絡すれば課金はストップされ、紛失手数料も発生しません。アイカサが警察と連携してくれます。

傘が壊れたら…どうなる?

強風などで傘が壊れた場合、弁償代などの追加料金は一切発生しません

アイカサのお問い合わせ窓口に連絡後、壊れた傘は最寄りのスポットに返却して新たに傘を借りればOK!課金はストップされ、壊れた傘はアイカサのスタッフが回収し修理します。

まとめ

旅行に限らず出張先や出かけ先に、もう邪魔になる傘を持って行く必要はありません。

アイカサ』という簡単安く傘が借りられる傘のシェアリングサービス を利用すれば、突然の雨で濡れることもなければ、無駄に傘を買う必要も‥傘を持ち運ぶストレスも無くなります!

ただ便利・・・・というだけでなく‥『アイカサ』を活用することは、使い捨て傘の多い日本の環境問題へ貢献することにもなります。

【SDGs】…未来のために、自分ができることから行動していきましょう! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました