伊丹空港『Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)』にゴールドカードで潜入!到着時も利用可能!

Lounge-Osaka空港ラウンジ

約50年ぶりの、大規模改修が行われている『伊丹空港(正式名称:大阪国際空港)』。

2018年4月には「中央エリア」が、リニューアルオープンしました。

関西発・空港初出店のお店やレストランも増え、快適に楽しく過ごせる施設へ、生まれ変わっているところです。

 

そこで今回は、伊丹空港(=以下、伊丹)を利用するついでに、

リニューアルした「中央エリア」にある、カードラウンジ『Lounge Osaka(ラウンジオーサカ)』に潜入してきました。

 

どのような雰囲気で、どのようなサービスが提供されているのでしょうか!

その詳細と、利用方法をご紹介したいと思います!

 

▽大阪のホテル予約はこちら▽

 

スポンサーリンク

『 Lounge Osaka (ラウンジオーサカ)』ってどんな所?

『 Lounge Osaka (=以下、ラウンジオーサカ)』は、 伊丹空港に唯一ある「カードラウンジ」で す。

ラウンジの種類や違いに関しては、【空港ラウンジの利用方法やサービス内容を解説!同伴者はどうなるの?】という記事で説明していますので、そちらをお読みください。

 

2015年に、2階から3階へ移転リニューアルしたため、清潔感のある綺麗なラウンジです。

ビジネスマンの利用者が多いからか、私個人的には、多めの一人席やコンセントの充実さなど、「 仕事をする空間や、プライベート感を重視しているラウンジ」、という印象を受けました。

 

場所

ラウンジオーサカは、 南ターミナル(ANA側)と北ターミナル(JAL側) の間にある、中央ブロックの3階にあります

保安検査所の手前のエリア(制限区域外)になるので、出発前に利用する時は、時間に十分注意して下さい!

Lounge Osaka
3階のフロアマップ

 

3階フロアはそう広くもありませんし、案内版にも「ラウンジオーサカ」と記載されているので、案内版に沿って歩けば、まず迷う事はないと思います。

下の写真は、ラウンジ入り口の外観です。

Lounge Osaka
ラウンジオーサカの入り口

内観

ラウンジオーサカは、入り口・受付を中央にして、左右に長く広がるつくりになっています。

座席数121席(禁煙 104席/喫煙 17席)と、広めで開放的なつくりは、窮屈さがなく心地良く過ごせます。

Lounge Osaka

 

下の写真は、入り口から右側のエリアです。

手前に立ちテーブル、真ん中に1人席と4人掛け・2人掛けのテーブル席、奥に大人数向けのソファー席、そして、窓側には1人用の半個室シート席と、バリエーション豊かな席が用意されています。

Lounge-Osaka

下の写真は、窓側にある半個室シート席です。

仕切りがあることでプライベート感があり、とても人気のある席のようで、私が10時半くらいに入室した時は、満席でした 。

Lounge Osaka

 

下の写真は、入り口から左側のエリアです。

喫煙席、1人席、自由に使えるデスクトップパソコンの置かれた席、カウンター席が用意されています。

大きな窓ガラスのあるカウンター席からは、到着口が見下ろせるのも面白いところです!

Lounge Osaka

 

ラウンジ内に設置されたモニターには、フライト情報が表示されているので、チェックしておけば、急な時間や搭乗口の変更にも焦らずに済みますね。

Lounge Osaka

 

サービス内容

営業時間

6時30分~20時(受付締切 : 19時45分)

 

朝はクロワッサンの無料配布サービス(無くなり次第終了)があるようですが、それを除けば 、無料提供されている食べ物は、おつまみ(柿ピーなど)を含め、何もありません

唯一、アルコールを購入した人に付いてくるおつまみは、一人1つ…と寂しいものです。

 

「まい泉」のヒレかつサンドや、「Ben & Jerry’s」のアイスが販売されてはいますが、飲食物の持ち込みは禁止なので、ラウンジサービスとして、軽食といえど何も無いのは残念ですね。

ただ、ソフトドリンクは充実しています!

Lounge Osaka

左右の休憩スペースに、ドリンクコーナーが1つずつ用意されています。

定番のドリンクディスペンサーには、コーラなどの炭酸飲料やフルーツジュース、冷蔵庫にはトマトジュースや牛乳が入っています。

Lounge Osaka

コーンポタージュや、クラムチャウダーがあるのも嬉しいですね。

コーヒーマシンのメニューも豊富で、抹茶ラテがあるのは珍しい気がします。

Lounge Osaka

アルコールは有料で、グラスでいただくビール(プレミアムモルツ)が300円です(おつまみ1つ付き)。

Lounge Osaka

無料で自由に利用できる、デスクトップパソコンも数台設置してあります。

Lounge Osaka

コピー・FAXのサービスもありますが、有料となっています。

他には、新聞・雑誌閲覧、Wi-Fiサービスがあり、残念ながらシャワーは備わっていません。

 

利用方法

搭乗する航空会社やクラスは関係なく、 当日の搭乗が確認できれば、誰でも利用できます

出発時はもちろん到着時にも利用可能で、時間制限もありません。

 

ラウンジオーサカの利用方法は、2つに分かれます。

【方法1】

利用料を支払う

カードラウンジですが、カードを持っていない人でも、お金さえ支払えば利用できます

料金は税込みで、大人 1,253円/小人(3歳以上18歳未満) 622円/3歳未満 無料

 

■入り方■ 受付で“当日の搭乗券”を提示して、料金を支払う

 

【方法2】

対象のクレジットカード(ゴールドカード以上を持参する

対象のクレジットカード(ゴールドカード以上)があれば保有者本人無料で利用できます!

ただ、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブは、ゴールドじゃなくても無料だったり、カードによっては同伴者も無料だったり、カードによって規則が違ってくるので確認要です。

 

■入り方■ 受付で“クレジットカード”と“当日の搭乗券”を提示する

 

搭乗券の確認はとてもゆるく、聞かれた路線を、口頭で答えるだけでも入室させてもらえていたので、発着地や時間を覚えておくといいかもしれません。

ちなみにラウンジオーサカは、プライオリティパスでの利用は不可です!

Lounge Osaka

ゴールドカードを持つなら、『楽天ゴールドカード』がおすすめです!

年間費はたったの2,200円(税込)なので、行き帰りと『ラウンジオーサカ』を2回利用するだけで元が取れちゃいます!

※ラウンジ利用は、年間2回まで無料(毎年9月1日~8月31日を1年間)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回、伊丹空港を利用して、リニューアルした「中央エリア」ですら、飲食店以外にゆっくりと座れるスペースが少ないように思いました。

保安検査場を過ぎたエリア(制限区域内)には、比較的座れる場所も多いと思うのですが、到着時などゲートを出てしまうと、どこも人がいっぱいで座れる場所を探すだけでも一苦労

なので、到着時にも利用できた『ラウンジオーサカ』は、とても有難かったです!

 

時間帯によっては混み合っていますが、私がラウンジに入室した10時半あたりは、ラウンジオーサカの手前にある「DEAN & DELUCA」も、コーヒーを求める人の列がすごくて、ラウンジオーサカの方が、断然ゆっくりできる感じでした!

 

『ラウンジオーサカ』が利用できれば、座る場所を探すのに苦労する必要がありません!

軽食は何も無いのが残念なところですが…、ソフトドリンクは充実してるので、

コーヒーを買うために、わざわざ長い列に並ぶ必要もありません!

 

行き帰りと2回利用するだけで、年会費分の元が取れちゃう楽天ゴールドカード』 を持って、『ラウンジオーサカ』でゆっくりしませんか?

 

▼▽大阪のホテル予約はこちら▽▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました